東武大師線 大師前駅

 東武スカイツリーラインの西新井から西にちょこっと枝分かれした所にあるのが東武大師線の終点、大師前である。

画像

画像

 
 高架の建物に1面1線の広いホームの駅ではあるが、本来なら2線の島式に出来ないことはないが、片方は線路として使うことはなく蓋をして駅の規模の割には広い空間を有している。

 
画像

  
 大師前は新交通システムや運賃を車内で精算する東急世田谷線や都電荒川線を除けば、都内では珍しい無人駅となっていて、きっぷ売り場はシャッターで閉められ、昔ながらの改札口は何事もなく素通りして自由にホームの行き来ができる。

 またホームは3階にあるが、1階と2階にはテナントとして店舗が入居している。

画像


 駅名の通り、駅のすぐ隣には西新井大師の總持寺があり、初詣などで賑わう時には職員を配置して、きっぷを販売することもある。

 大師前はホームに自由に行き来ができるが、大師線の運賃精算は全て隣の西新井で行う形を取っている。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

風旅記
2016年07月16日 17:35
こんにちは。
大師前駅は、街中にある普通の大きな駅に見えますが、近付けば無人駅になっていることに気付き、独特な雰囲気を感じます。
1駅だけの支線で、分岐駅で改札を済ませてしまうケースはここだけではないと思いますが、使い慣れてない人には戸惑うシステムかもしれません。列車に乗る前から切符を回収されてしまうのも不思議な感覚です。
街中の無人駅に2両編成が時折やってくる、そんな風景を大切にしたいですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
田中みな実
2019年05月08日 18:38
有森也実
秋本帆華、大石芽依
2019年05月08日 18:38
新木こころ、大石芽依
大師前駅
2019年05月08日 18:39
大師前駅

この記事へのトラックバック