えちごトキめき鉄道・しなの鉄道北しなの線

 北陸新幹線の影響で第3セクター化された路線の乗りつぶし、今回はえちごトキめき鉄道としなの鉄道です。

画像

 泊駅からはえちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインのディーゼルカーに乗ります。

 ひすいラインは電化されてはいますが、沿線人口が希薄な上に糸魚川付近に交直のデッドセクションがあり、車両コストがかかる交直流電車を製造するメリットがないという事情が絡んで、ディーゼルカーと言う道を選んだという背景があるようです。

画像

 途中下車した筒石は後日アップするので、直江津の画像です。

 「はくたか」が無くなっちゃった分、広いホームを持て余している感があります。

画像

 トキめき鉄道の妙高はねうまラインの電車はJR東日本新潟支社と同じ。

 会社名に反して全然ときめかないロングシート電車です。

画像

 トキめき鉄道としなの鉄道の境界駅になっている、妙高高原駅。4月ですがまだ雪が残っていました。
 
 接続時間が2分しかなかったので、急いで撮影しました。

画像

 長野に到着。乗車券はまじめに購入しましたが、場所によってはズルして青春18きっぷで通り抜けても良かったかなと感じました。

 感想としては、フル規格の新幹線が出来たからと言って、全線3セクする必要があったのかと思います。

 富山~金沢間は別にJRのままにしてもさほど問題ではなかったのではないでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック