阿佐海岸鉄道その2

 阿佐海岸鉄道の乗車レポートの続きです。

画像

 
 駅は2駅しかないので、宍喰にも下車しました。阿佐海岸鉄道では唯一の有人駅です。

 この宍喰はゴルフの尾崎3兄弟、阪急・オリックス・日本ハムで監督を務めた上田利治氏の出身地です。

 駅のまん前にある小学校の校庭には上田氏の野球殿堂入りを祝う横断幕も掲げてありました。

画像


 列車が宍喰止まりだったので下車したのはいいけど、特にやることがなくてヒマでした。

 高架線上に止まっているディーゼルカーもなんか手持ちぶさたの感じがします。

画像


 この記念ヘッドマークにも描かれてるように、宍喰駅にはイセエビの駅長が名物です。

 しかしながら、2012年の4月にオスの「てつ」が脱皮の失敗による体力の消耗によって死んだそうです。

 現在はメスの「あさ」がタンクメイトの魚たちが泳ぐ水槽の底でじっと過ごしています。

 「あさ」も何度か産卵はしたものの、孵化が失敗に終わっているという経験をしていて、

 ここのイセエビ達も波乱の生涯を送っているという印象を受けました。

 
 
 阿佐海岸鉄道は2往復してちょっとばかり売上に貢献してみました。

 とは言っても、落とした金額は全部で1,260円、距離が短いですからね。

 その2往復したうち、他に乗客がいたのは最初の往路で、あとは私1人だけ…

 頑張っては欲しいんですけどね。


 何はともあれ、これで四国の鉄道路線は全線完乗しました。

 乗りつぶし距離 : 7104.5km
       完乗率 : 95.5% (+0.8%)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック