えちぜん鉄道

 福井鉄道に続いて今度はえちぜん鉄道に乗ってみました。

画像

 京福電鉄から譲り受けた第三セクター鉄道で、写真の新型車両はセミクロスシート形式で旅情が味わえ、美人のアテンダントが乗務している鉄道です。

画像

 福井駅に行ったら、発車する電車が三国港行きだったので、それに乗じて終点の三国港まで行ってみたのですが…

 駅構内はリニューアル工事中…

 私の好きな無人駅だと聞いて楽しみにしていたのですが、三国港は残念な結果に終わりました。

 福井口から勝山永平寺線に乗り換えて、勝山に向かっていたら…

 私のキャリーバッグとリュックの荷物を見て、美人のアテンダントさんに「ご旅行ですか?」と声をかけられちゃいました。

 車内で時々声をかけられて、ちょっと喋ったりしていたら、本来は子供にあげるようなマナーカードをもらったりと、楽しい勝山永平寺線のひと時が過ごせました。

 ちなみにそのアテンダントさんはいろんな人に声をかけていましたけどね。

画像

画像

画像

 終点の勝山には上2つの画像にある、懐かしい道具が置いてあると思えば、福井のホームには服を着た恐竜がベンチに座っていたりなどといった光景が見られます。

 えちぜん鉄道は、ハード・ソフト共にサービスの向上をはかって路線を残そうという思いが感じられました。

 これが出来ていたら、京福電鉄永平寺線も廃止されずに済んでいたかも知れません。

 これにて福井県内の私鉄路線の乗りつぶしが完了。朝の9時にスタートして、終わったのは15時過ぎでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック