のと鉄道 車両編

 のと鉄道の第2弾は、線内で活躍している車両と、静態保存されている車両の紹介です。

画像

 現在、のと鉄道で活躍しているディーゼルカーで、NT200形と言います。エンジン音がそれほどうるさくなく、軽快に走るのが大きなポイントになっています。

画像

 能登中島駅で保存されているオユ10という郵便客車です。この客車は全国でもここを含めて2両しか残されていないレアな車両です。近くで見ると傷みがあるのが分かりますが、有志の方々が頑張って保存活動尾を続けています。

画像

 かつては、のと鉄道の急行列車として走っていたNT800形という車両です。オユ10と共に能登中島駅で保存されています。

画像

 現在活躍中のNT200形が登場する前に、のと鉄道の主力として頑張っていた、NT100形です。以前は穴水から輪島や蛸島方面へと線路があったのですが、最初に穴水~輪島間が廃止、その後穴水~蛸島間が廃止され、このディーゼルカーもお役御免となりました。

 のと鉄道の穴水~蛸島間の廃止によって能登半島の北部はすっかり鉄道の空白地帯になってしまいました。

 これで、のと鉄道の乗りつぶしも完了。次回は北陸鉄道です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログランキング参加中。1日1クリックして頂けたら幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック