ムーンライトながらに乗って三重に行ってみた

 遅ればせながら明けましておめでとうございます。

 私の2009年における鉄道旅行の一発目は、ムーンライトながらに乗って三重県内の私鉄路線の乗りつぶしを行いました。

画像

画像

 青春18きっぷのシーズンでありながらも、ネットで調べてみたら空席があったので、たまらず事前にムーンライトながらの指定席をゲット。長年親しまれてきたこの夜行列車もとうとう今年のダイヤ改正で臨時列車化されてしまいます。

 おそらく春の18きっぷのシーズンはすぐに満席になると思うので、乗るなら今のうちでしょう。

画像

 まず朝のうちに三岐鉄道三岐線に乗ってみました。近鉄富田~西藤原間を結ぶローカル私鉄路線です。

 東京の人なら見て分かるように、西武の車両のお下がりを使っています。

画像

 三岐線の終着駅、西藤原駅の駅舎です。SLを模した面白い駅舎になっています。

画像

 西藤原駅構内で静態保存されている、機関車です。三岐鉄道はどちらかというと旅客よりかは、貨物輸送の収入の方がウェイトが高い印象を受けます。

 ただし近年は、近鉄北勢線を引き継いだり、駅前に駐車場を設置してパークアンドライドに努め、さらには時間帯によっては自転車の持ち込みを可にしたりと乗客の誘致に積極的に取り組んでおり、それに応えるかのように地元の人も乗ってくれているみたいです。

 三岐鉄道のレポートはこれにて終了。この後伊勢鉄道に乗ろうと思いましたが、急遽予定を変更してナローゲージでおなじみの近鉄内部・八王子線に乗ってみることにしますが、続きはまた次回…

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログランキング参加中。1日1クリックして頂けたら幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック