立山黒部アルペンルート

 ゴールデンウィークが明けた5月7日に立山黒部アルペンルートの一部区間に乗ってきました。

 そこを走っているケーブルカーだけでなく、トロリーバスも分類上は鉄道の一つに入るので、いちおう乗りつぶしの対象になっちゃうので・・・

 扇沢までは車で行き、そこから室堂までの往復乗車券を購入、料金は8,800円。乗りつぶしの距離にしては大きな出費です

画像

我が国では2ケ所のみとなったトロリーバス路線のうちのひとつ、関西電力のトロリーバスです。画像は降車場のほうですが、ここだとトロリーポールがはっきりと見えますね。

 ちなみに会社は関西電力と名乗っていますが、電気は中部電力のものを使っているそうです。

画像

立山黒部貫光のケーブルカーです。全線トンネルとなっているため、景色は望めません。

黒部平から大観峰まではロープウェイのため、画像は割愛。皮肉にもロープウェイが最も景色がよい…

画像

アルペンルートのもう一つのトロリーバス路線である、立山黒部貫光のトロリーバスです。ここも全線トンネルです。

途中の雷殿駅は遊歩道が土砂崩れで通行止になっているため、現在は営業を休止しています。

画像

室堂では普通の観光客と同じように、雪の大谷を歩いてみました。バスが通ったタイミングを見計らって撮ってみました。

しかし話によると雪の量は例年に比べて少ないそうです。

画像

最後に黒部ダムの黒部湖です。素人目からしても水の量が少ないです。やはり雪が完全に融けないと湖の水はいっぱいにならないみたいですね。

今回のアルペンルートの乗りつぶしはゴールデンウィークを外して乗りに行ったのですが、

7:30の始発で団体客と鉢合わせ。しっかりと早朝を狙ってやって来る人もいるんだな~って
感じました。

雪の大谷のある室堂では気温が4~5℃しかなかったのに、日中の大町市内は25℃をこえる夏日。

1日で気温差が20℃も違うところを移動していたとは…

立山黒部アルペンルートの乗りつぶしは完了。次はどこを乗りつぶそうか…

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログランキング参加中。1日1クリックして頂けたら幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック