津軽鉄道

 前回書いたとおり、2月11日という3連休の中日に津軽鉄道に乗ってきました。

画像

 まずはこの津軽21形に乗って金木に向かいます。

画像

 金木で下車して太宰治の生家である斜陽館を訪問しました。津軽鉄道に乗ったらここを訪れるのがお約束のようです。

画像

 金木から津軽中里および復路はお目当てのストーブ列車です。

画像

 これが例のダルマストーブです。時折車掌さんが石炭を入れに来ます。ストーブの上にはスルメが焼けるように網が置かれています。

 冬の津軽鉄道と言えば雪景色の中を走るストーブ列車なのですが、田んぼの地面が一部むき出しになっている所があったりなど、雪の量が少なく感じました。これも暖冬の影響かも知れません。

 3連休の中日とあって車内はなかなかの混雑振り(ただし2両繋いである客車のうち、1両は団体の貸切)だったのですが、後日津軽鉄道の公式HPを見てみると、1メートル5,000円でレール・オーナーを募集しているとのこと。ここも厳しい経営が続いているのが感じられます。

にほんブログ村 鉄道ブログへよろしければこちらのバナーをクリックしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック